司法試験攻略ガイドについて
Show MenuHide Menu

司法試験制度について

司法試験制度について

日本における司法試験制度は、司法にたずさわる裁判官・検察官・弁護士のいわゆる法曹三者になる人に、必要な知識と実際の場面での応用力に対して判定するための試験制度のことを言います。

この司法試験に合格することにより、法曹三者にたずさわることができる司法修習生になる資格を有することになります。

司法試験制度は、第二次大戦後~2011年まで行なわれていました試験は、高度な試験内容から非常に合格率が低く、また合格するまでの期間が長く、超難関の試験制度でした。

そのため、法曹三者が不足して、裁判の長期化などの弊害が指摘されるようになり、2012年の制度改正では、法科大学院の設置と司法修習制度の変更も行われ、旧制度の試験は2011年に終了し、2012年度からは、新試験制度に移行しています。

新司法試験では、法科大学院の課程修了または予備試験合格の人が受験できます。

試験は、憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法からの短答式問題と憲法・民法・刑法の各科目からと倒産法・租税法・経済法・知的財産法・労働法・環境法・国際法などからの選択科目による論文式問題があります。

合否判定と試験結果について

司法試験は、短答式試験と論文式試験とがあります。

司法試験の短答式試験とは、憲法・民法・刑法およびその関連法のそれぞれの法律の科目から20問合計60問の問題が五つの答えから正しい答えを一つ選択する五択式で回答し、各科目とも40%以上の正解および3科目合計で満点の2/3以上の点数の正解が必要となります。

論文式試験とは、憲法・民法・刑法およびその関連法のそれぞれの科目合わせて7問および倒産法・租税法・経済法・知的財産法・労働法・環境法・国際法などからの選択科目から1科目を選択した2問の合計9問を文章で答える試験形式となっています。

司法試験を受験する

短答式試験が合否判定以下でも、論文式試験を受験できますが、採点はされないことになっています。

合格判定は、短答式試験を合格し、論文式試験も合格した人の両方とも合わせた総合成績で最終評価を行ない、合格者を決定することになります。

近年の試験結果としては、2006年度の受験者数2,091人に対し合格者1,009人と合格率は約48%でしたが、2013年度は受験者数7,653人に対し合格者数2,049人と合格率は約27%となっています。

© 2015 司法試験攻略ガイド